img_01

大阪で保育士として働くには?

大阪は言わずもがな、日本第二の都市です。それだけ人も多いですので、地方都市にしては保育士の求人も多い都道府県だと言えるでしょう。

大阪市内でも住宅地のそばだと、割と大規模な保育園も多いです。

大阪府の保育士情報サイトはこちらの様々な相談を受けることができます。

大きい園となると、それだけ求人もしているので、応募もしやすいでしょう。



また大阪市内を離れると、園庭も広く、子どもがのびのび遊べる環境が多くあります。

大阪市内、特に梅田や天王寺、心斎橋あたりだと会社も多く、保育園の需要がある割に土地が少ないのもあり、ビルの中や駅前などにある、一般的に『無認可保育所』と呼ばれるものが多いです。無認可と聞くとあまり良いイメージがないかもしれませんが、市への申請は義務付けられており、定期的に監査も入るので、状況は改善されてきているようです。



そこで働くメリットとしては、街中、また駅近くにある場合が多いので、通勤がしやすいこと、また小規模の場合が多いので、子どもたちをこまめにケアできるという利点はあります。


また、そのような園の場合、園庭がないので、保育士が近くの公園に遊びに行かせることが多いです。
大阪の人は、割と何でもはっきり話すので、他の場所から来た人にとってはニュアンスがきつく聞こえることもあったりと、最初は少々驚くでしょうが、付き合ってみれば他の都市よりフレンドリーで付き合いやすいことが多いです。
なので、もちろん全員ではありませんが、保育士と保護者の関係でも仲良くなるのが比較的早く、保護者対応がしやすい特徴もあります。